読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iMacとMacBook Airを買ったので開発環境を整えた

会社PCがiMacに変わり、その快適さの前に屈してMacBook Airを個人で買った。2週連続で開発環境を構築したのでそれをまとめておく。
ちなみにiMacは21インチでSSD256GB,メモリ8GB。Airは11インチでCore i7にした。
27インチじゃないのは会社が金をくれなかったから。Airを13インチにしなかったのは会社に13インチAirが溢れてるからなのと安価でCore i7したかったから。

GUI

先にMacAppStoreやブラウザでダウンロードしてきてGUIで適当に入れる。開発用の環境はhomebrewなどで入れていくので後回し。

KeyRemap4MacBook

キーボードの配置などをマッピングするためのもの。
インストール後再起動が必要なので最初に入れる。
英語配列のキーボードで、commandキーを単体で入力した場合に、かなや英数に切り替えるようにしたりできる。日本語配列のMacキーボードに慣れていた(3年半近く白MacBookを使ってた)のでこの設定に変えた。あとは右optionキーをfnに変更したりした。

Xcode

iPhoneアプリの開発をするつもりは今のところないけれど、Xcodeを入れることでgccやgitが入るので最初に入れておく。ダウンロードにも時間がかかるから最初にやるのがいい。MacAppStoreから入れる

Growl

Skypeとかの通知はやっぱりGrowlでしたいので入れる。
zshrubyからも使いたいので、忘れずにgrowlnotifyも入れる

Google日本語入力

ことえりはかわいい(だけ)

Evernote

会議のメモはEvernoteで取ってiMacと共有する

Skype

仕事の連絡はSkypeでやってるから必須

Chrome

快適ですよね

Firefox

deliciousのアドオンやツリー型タブ、GoogleReader内でのリンクはバックグラウンドで新しいタブで開くなどの設定がChromeでできたら移行してる。
あとFireMobileSimulatorがなぜChromeにないのか。

macvim-kaoriya

通常のvimとの違いがいまいちわかってないけど入れる。
そのあとコマンドラインから使うために.zshrcに以下の記述を追加

export EDITOR=/Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/Vim

CUI編

最近はhomebrewが大人気なのでまず最初に入れる。確かに便利。今後はだいたいのものがbrew installで入れる

homebrew

Terminal.appを起動して以下のコマンドをうつだけ。途中パスワードを聞かれる。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/gist/323731)"

Lionから、Teraminal.appが256色になったのと、フルスクリーンモードが使えるのでTerminal.appで問題ない気がする。iTerm2の便利な所があればだれか教えてください><

screen

tmuxも使ってみたけどなんだかんだでscreenに慣れてたのでscreenを使う。デフォルトで入ってるけど、256色に対応してないっぽいので最新版をビルドする。brew installではできなかった。

$ git clone git://git.savannah.gnu.org/screen.git
$ cd screen/src
$ autoconf
$ autoheader
$ ./configure --enable-colors256 --prefix=/Users/tohae/local

$ make
$ make install

最新版をgit cloneして、configureオプションで256色を有効にし、インストール先を自分のホームディレクトリ以下にした。
/Users/tohae/local/bin/screen というファイルができているので、.zshrcにaliasを書いておけばOK

rvm

rubyはrvmを使って入れる

$ bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)

インストールが完了したら.zshrcを再読み込みして、ruby 1.9.2を入れる。

$ source ~/.zshrc
$ rvm install 1.9.2
その他

ここまで書いて飽きてきた。
あとはmysqlとかMongoとか適当にbrewで入れる。ImageMagcikやredisやsolrも必要に応じていれる。nginxもbrewで入るけど、passenger使うんならpassenger経由で入れたほうがたぶんいい。Railsやるんだったらpowを入れたほうが良さそうだけどまだ試してない。
vimのプラグイン周りは適当にvundleで入れる。rails.vimとかneocomplcacheとか。あとcolorschemaも256色のやつぶち込む。

最後に

会社のiMacで環境構築してLionにも触れたあとだと、自分の金で買ったMacBook Airが到着しても特に興奮することもなく、むしろ腹が減ってたので未開封のまま放置して、肉じゃが作って食べました。